TOP - 一眼レフの故障の原因No1は?


メニュー















一眼レフの故障の原因No1は?

一眼レフの故障の原因で最も多いのがレンズにカビが生えてしまうというものです。

昔に比べて一眼レフを手にしやすくなったことから、
レンズはガラスなので
カビが生えると思わなかったという 初心者の方も少なくありません。

しかし、レンズには人間の油脂や指紋
またごみや埃などカビが好む栄養素が付着していますし、
それに加えて一眼レフをケースやバッグという
高温多湿になりやすい密閉空間へ保管していると、
当然、カビの繁殖が起こってしまいます。

そのため、いざ使おうと一眼レフを取り出した時に
レンズの故障が起きている可能性が高いのです。

いざ、来週の子供の運動会の撮影に使おう!と思って出してみると、 故障していた、なんてこともよくある話なんです。

急な出費にそなえて、こんなところもあるので安心ですね。
(急な出費のために→http://xn--68jub6mma8a9dzlwes965abyre9yksf.com/

とはいえ、 こうしたことを避けるためには、一眼レフを使用した後は、
しっかりとレンズを拭いて汚れを落とすようにすること、
また保管場所にも気を配る必要があります。

ケースやバッグに入れっぱなしにしたり、
風通しの悪い押し入れなどにしまうのは厳禁です。

風通しの良いところにおいて、出来れば防湿庫を使うようにしましょう。

ただ防湿庫は初期コストがかかってしまいますので、
費用面で難しいという場合は、防湿ボックスを購入することをおすすめします。

防湿庫に比べると、乾燥剤の調整などが必要ですが、
安価であり気軽に使えるため、故障を防ぐにはもってこいです。

   
 
   
サイトタイトル